なぜ包括的な治療が喜ばれるのか

当院では、口腔内全体を見据えた包括的な治療をモットーとしています。包括的な治療とは、患者様の主訴、例えば「歯の痛み」であれば、その痛みを取り除くだけの治療を行うのではなく、痛みの原因となっているものへの対処まで含めて治療を行うことをいいます。

一時的に痛みを取り除いたとしても、その原因となっているものが除去されなければ、再度痛みに襲われ、再発と治療が繰り返し行われるという悪循環に陥りかねません。治療を重ねるたびに、歯の寿命は短くなっていくもの。包括的な治療で原因を解明してから丁寧に治療を行うことが、長い目で見て患者様のメリットになるのです。

他院で治療を受けたことがある患者様が当院での包括的な治療を受けられて、そのメリットを実感され、それ以来、治療はすべておまかせいただいているという患者様もいらっしゃいます。他院から移ってこられた患者様を診察した結果、必要な治療がなされていないことがわかり、それをお伝えすることで大変喜ばれるということもあります。

このことは、症状が発生するたびに繰り返す治療よりも、包括的で丁寧な治療が大切だと考える当院の考えに多くの患者様が賛同してくださっていることだと捉えております。より多くの患者様に、包括的で丁寧な治療のメリットを実感していただきたいと思います。

歯周病治療の必要性~美しい人工歯を長持ちさせるために~

審美歯科治療で見た目をきれいに整えたとしても、その土台となる歯肉が不健康ではせっかくの美しい人工歯も台無しです。

審美歯科治療で取り戻した美しさを長持ちさせるためには、土台となる歯肉のケア=歯周病治療はとても大切なのです。歯周病の原因である細菌は誰のお口の中にも存在し、成人の6割以上の方が歯周病になっているといわれる昨今、歯肉の健康を保つのはとても遠い道のりのように感じるかもしれません。しかし、せっかくきれいになった歯を歯周病で失うよりは、歯周病治療はメリットが大きいといえます。

一口腔単位治療のメリット

一口腔単位治療のメリット

先にも述べたように、主訴に対しての治療=対症療法では、根本的な症状の改善にはつながらず、再治療が必要になる可能性が残ります。治療が必要な状態になる原因は必ずあるはずです。一口腔単位の包括的な治療では、歯や歯肉だけではなく咬み合わせや顎のバランスなど口腔内のあらゆる状況を確認し、主訴の原因を把握。さらに、そこから将来を予測しながら必要な処置を行っていきます。口腔内の部分的な治療ではなく、お口全体を診る一口腔単位での診療を大切にしています。

メリット1――再治療の可能性を低減

根本的な原因を除去し、口腔内を一度リセットすることで、再治療の可能性を低減します。もし治療が必要になったときには、その部分の治療だけですみます。

メリット2――再治療時の負担を軽減

再治療が必要になったときには、その部分の治療だけですむので、治療期間が短縮でき、費用も抑えられます。

メリット3――天然歯を長持ちさせる

口腔内を一度リセットすることでメインテナンスがしやすくなり、良好な口腔内環境を保てるようになります。その結果、天然歯を長持ちさせることにつながります。

神奈川県鎌倉市|診療予約|おさらぎ歯科